【旅行】洲本温泉 ホテルニューアワジ ヴィラ楽園で宿泊 (お部屋編)【淡路島】

洲本温泉「ホテルニューアワジ

洲本温泉「ホテルニューアワジ」は瀬戸内海の東部の淡路島兵庫県)にあります。

大阪からは明石海峡大橋を通って、車で約1時間40分程で訪れることが可能です。

 

 

また、「ホテルニューアワジ」の客室には、夢大地ヴィラ楽園の2つがあります。

 

夢大地には、和室、特別和室、露天風呂付和室、和洋室があり、ヴィラ楽園よりお手頃な価格で宿泊することが可能です。

ヴィラ楽園には、下の階から、海の庭、星の庭、宙の庭があり、全室露天風呂付テラスを備えた80.5~182.4平米の客室です。更にヴィラ楽園の宿泊者のみが利用できるスカイラウンジがあります。

 

 夢大地とヴィラ楽園の客室のどちらでも、オーシャンビューを楽しむことが出来ます。

 

本記事では、ヴィラ楽園の宙の庭、Type H/I「楽山」のお部屋を紹介します!

 

【一休.com】ホテルニューアワジ
JTB【くつろぎの温泉宿】

 

ヴィラ楽園「宙の庭」Type H/I 「楽山」

f:id:yumablogs:20210711210657j:plain

今回宿泊したのは、ヴィラ楽園の9階、宙の庭の「楽山」というお部屋です。

 

f:id:yumablogs:20210711210702j:plain

木の扉で「和」を感じますね!

 

↓こちらは、玄関を室内側から撮った写真です。

 正面が玄関扉、右側はメインのお部屋、左側はトイレです。

f:id:yumablogs:20210711210728j:plain

 

↓トイレの扉を開けようとすると、思わぬ開き方をして驚きました(笑)

f:id:yumablogs:20210711210714j:plain

 

↓落ち着いた雰囲気で、清潔かつゆとりのあるトイレでした♪

 トイレも凝った造りになっていますね!

f:id:yumablogs:20210711210720j:plain

 

↓こちらは、先ほどの廊下からメインのお部屋側を写した写真です。

f:id:yumablogs:20210711210708j:plain

 

↓メインのお部屋に入って、左手側にツインベッドがあります。

 (空気清浄機もちゃんとありました!)

f:id:yumablogs:20210711210734j:plain

 

↓お部屋に入って右手側はリビングです。

f:id:yumablogs:20210711210739j:plain

 

海を眺めながら、ここでお食事を頂けます。

(写真には写っていませんが、左側に2台目のテレビとコーヒーマシン、冷蔵庫がありました。)

f:id:yumablogs:20210711210744j:plain

 

↓リビングからテラスに出てきました。

 足を延ばして座れる椅子が2つあります!

f:id:yumablogs:20210717212615j:plain

 

青い空と青い海を眺めながら、時間を忘れてまったりと過ごすことが出来ます♪

f:id:yumablogs:20210711210851j:plain

 

↓そしてこちらは洗面所です。

f:id:yumablogs:20210711210856j:plain

 

洗面所の右側の壁の方には、うがい用のコップが綺麗に並べられていました。

最初はインテリアかと思いました(笑)

f:id:yumablogs:20210711210903j:plain

 

↓こちらはシャワールームです。

 シャンプーやボディーソープもしっかり完備されています!

f:id:yumablogs:20210711210908j:plain

 

↓そしてこのお部屋の目玉の温泉露天風呂です!!

f:id:yumablogs:20210711210913j:plain

 

綺麗な海を眺めながら、好きなだけ温泉を満喫できます♪

f:id:yumablogs:20210711210919j:plain

 

夜は、星空や対岸の和歌山市の街の明かりを観ながら、ゆっくりと温泉を楽しみました。

f:id:yumablogs:20210711210924j:plain

 

そして朝は海の方から日が昇るため、朝日を浴びながら温泉に浸かり、贅沢な一日のスタートをきれます!

f:id:yumablogs:20210711210929j:plain

時間によって、様々な景色を楽しみながら温泉に浸かれるので、最高でした!

 

【一休.com】ホテルニューアワジ

JTB【くつろぎの温泉宿】

 

まとめ

今回は、ホテルニューアワジの「ヴィラ楽園」宙の庭 Type H/I 「楽山」というお部屋を紹介ました。

ホテルニューアワジは、大阪からも近く、日ごろの疲れを癒したい方や、ちょっと贅沢な旅行を楽しみたい方にはおすすめのお宿です!

皆様も一度訪れてみてください♪

 

次回は「ヴィラ楽園」の、お食事&スカイラウンジ編を投稿予定ですので、ぜひご覧ください!

 

Twitterではブログには載せなかった写真や、最新のブログ投稿情報などをツイートし   ていますので、ぜひフォローしてご覧ください。

ゆうま【国内旅】さん (@yumablogs) / Twitter

 

【旅行】おごと温泉「湯元館」で宿泊(お食事編)

はじめに

前回、おごと温泉「湯元館」の特別室「茜の間」について紹介しましたので、今回は「湯元館」でのお食事を紹介します。

 

「湯元館」には、季節の味覚のプランや、バームクーヘン豚(藏尾ポーク)近江牛が楽しめる「近江牛とバームクーヘン豚の旨みを味わう京風会席」、最上級の近江牛を味わえる「認証近江牛会席」など様々なお料理のプランがあります。

 

その中でも今回は、「認証近江たっぷり会席」を紹介します。

 

 

夕食「認証近江牛たっぷり会席」

今回は個室のお食事処で「認証近江牛たっぷり会席」を頂きました!

↓こちらがお品書きです。

f:id:yumablogs:20210612172856j:plain

 

↓こちらは、旬菜認証近江牛のステーキです。

旬菜は一品一品がとても美味しかったです♪

また、奥に映っているのが「認証近江牛会席」でその手前にあるのが「認証近江牛たっぷり会席」のお肉です。量が全然違いますね!

f:id:yumablogs:20210612172904j:plain

 

↓こちらはお造りです。

お肉の量が多いのでお造りは少なめですが、3つとも食感も良く美味しかったです!

f:id:yumablogs:20210612172912j:plain

 

↓こちらは牛の角煮です。

ホロホロのお肉で、最高の仕上がりでした!

f:id:yumablogs:20210612172911j:plain

 

↓ちなみに、「認証近江牛会席」の方は、白身のお魚と、豚の角煮でした。

こちらも美味しそうですね!

f:id:yumablogs:20210624190405j:plain

 

↓続いて認証A5ランクの牛しゃぶです!

サシの入った綺麗なお肉です♪

f:id:yumablogs:20210612172914j:plain

 

牛しゃぶを食べ始めるころに、炊き立てのご飯と、赤だし、香の物が出てきました。

写真の右側に映っているのは、日本酒の飲み比べセットです。好きな日本酒を3種類選べるのが有難いです!

f:id:yumablogs:20210612172917j:plain

 

↓最後にデザートです。

和栗と鳴門金時の大福が私好みの味で美味しかったです♪

f:id:yumablogs:20210612172919j:plain

 

「認証近江牛たっぷり会席」はボリューム満点で、尚且つどれも美味しいので、非常に満足度の高い夕食でした!

 

 朝食

翌朝の朝食も軽く紹介します!

 

↓まず、朝食のお品書きです。

有機野菜とカボスのジュースは朝からすっきりできて最高でした!

他にも、温野菜にオリジナルの野菜カレーソースが付いていたり、サラダにオリジナルのスイートコーンドレッシングが付いていたりと、少し変わったメニューですが、味は想像以上に美味しくて驚きでした♪

f:id:yumablogs:20210612172931j:plain

 

↓この後真ん中に、近江米のご飯と滋賀の味噌を使った味噌汁が来ました。

f:id:yumablogs:20210612174318j:plain

 

↓最後に、ヨーグルトです。

顔になっていて可愛いですね♪

それぞれ、顔が少し違っていて、楽しませてもらえました!

f:id:yumablogs:20210612231254j:plain

 

じゃらんで「湯元館」を見る

多彩な湯めぐり四季の幸を愛でる宿 湯元館

 

まとめ

今回は、おごと温泉「湯元館」での夕食と朝食を紹介させていただきました。

滋賀県の美味しいものをたくさん堪能することが出来て、幸せなお食事でした。

 

おごと温泉「湯元館」のお部屋紹介の記事もありますので、ぜひご覧ください。

yumablogs.hatenablog.jp

 

最後までご覧いただき有難うございます。

次回は、洲本温泉「ホテルニューアワジ」を紹介予定ですので、ぜひご覧ください!

 

【旅行】おごと温泉「湯元館」で宿泊(お部屋編)

おごと温泉「湯元館」

「湯元館(ゆもとかん)」は滋賀県大津市おごと温泉雄琴温泉)にある旅館で、7つのお風呂に、11タイプのお部屋、そして地元の食材を生かした様々な食事プランが用意されており、幅広いニーズに応えてくれるお宿です。

 

お風呂は、最上階の11階にある琵琶湖を一望できる絶景露天風呂眺望大浴場、サウナやジェットバスがある回游大浴場、そして貸切露天風呂などがあり、温泉を思う存分楽しむことが出来ます。

 

↑一休.comで見る(露天風呂「湯幻逍遥」)

 

お部屋は、和室和室ツイン露天風呂付温泉檜風呂付のお部屋、ファミリールームセミスイート特別室などがあり、更に「はなれ葭蘆葦(かろい)」には全室露天風呂付きで、和室ツインからDXスイートまで計5タイプお部屋があります。

 

お食事は、三大和牛の1つの「近江牛」や、バームクーヘンを食べて育った滋賀のブランド豚である「バームクーヘン豚(藏尾ポーク)」、近江米や地鶏など、地元の美味しい食材をふんだんに使った料理を楽しむことが出来ます。

 

また館内には、スパエステやマッサージ、カラオケスペースやゲームセンター、卓球、麻雀ルームなど、癒しや娯楽の場も提供されています。

 

続いて、今回宿泊したお部屋を紹介させていただきます!

 

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

 

月心亭 特別室「茜の間」

今回宿泊したのは、月心亭の10階、客室としては最上階にある特別室「茜の間」です!

f:id:yumablogs:20210612172717j:plain

 

中に入ると、前室が広くてお部屋への期待が高まります!

↓右奥の扉の先は洗面所で、その左にはコーヒーマシンやお水が置いてあります。

f:id:yumablogs:20210612172738j:plain

 

↓メインルームが気になりますが、振り返って、玄関と、右側の扉の先は両方トイレに  なります。

f:id:yumablogs:20210612172746j:plain

 

↓こちらがメインのお部屋の和室15畳です。

 広々とした空間で快適でした♪

f:id:yumablogs:20210612172754j:plain

 

↓和室の写真を撮った位置から後ろを向くとリビングがあります。

 赤を基調とした落ち着いたおしゃれ空間ですね!

f:id:yumablogs:20210612174117j:plain

 

↓別角度からの写真です。 

 テレビの左側には冷蔵庫があり、有料のお酒やジュース等が入っています。

f:id:yumablogs:20210612172757j:plain

 

↓こちらは洗面所です。

 洗面台が2つあり、アメニティーも豊富でした!

f:id:yumablogs:20210612172813j:plain

 

↓洗面所の奥には、シャワールームと洗い場、檜風呂があります。

 檜風呂には温泉のお湯をためてはいることが出来ます。

f:id:yumablogs:20210612172817j:plain

 

↓そしてこちらが露天風呂です。

 琵琶湖を一望できる絶景の露天風呂を、お部屋で楽しめるのは最高ですね♪

f:id:yumablogs:20210612172819j:plain

 

↓お湯をためてみました!

 温泉、沸かし湯、水の3つの蛇口があり、自分の好きなようにお湯を入れることができます。

f:id:yumablogs:20210612172835j:plain

 

↓こちらはティーセットです。

 洋菓子と、お茶や紅茶が入っています。コーヒーは先ほど紹介したコーヒーマシンで作って飲むことができます。

f:id:yumablogs:20210612172844j:plain

 

そうこうしていると、お部屋にウェルカムフルーツ?が来ました!

お菓子を出してくれるところが多いですが、果物が出てくるのも良いですね♪

f:id:yumablogs:20210612174221j:plain

 

↓夕食後、に撮った露天風呂の写真です。

 琵琶湖の対岸の明かりも見えますね!

f:id:yumablogs:20210612172924j:plain

 

↓最後に、の露天風呂の写真です。

 朝日に照らされてまぶしかったですが、太陽の光を浴びて目が冴えました。

f:id:yumablogs:20210612172925j:plain

 

まとめ

今回はおごと温泉「湯元館」の、特別室「茜の間」を紹介しました。

特別室だけあって広々としていて、快適な時間を過ごすことが出来ました♪

 

次回は「湯元館」でのお食事を紹介しますので、ぜひご覧ください!

 

 

↓ブログ投稿情報などはTwitterにてお知らせしています。

ゆうま【旅】さん (@yumablogs) / Twitter

 

【旅行】おごと温泉 びわ湖花街道 で宿泊

おごと温泉

おごと温泉は、滋賀県大津市の琵琶湖の南西側にあり、泉質はpH値9.0のアルカリ性単純温泉で「美肌の湯」と言われています。

 

琵琶湖はもちろん、比叡山や、車で琵琶湖大橋を渡れば近江八幡へのアクセスも良く、観光する場所は沢山あると思います。

 

また、大阪や京都からのアクセスも良く、京都からJRもしくは車で約20分、大阪からはJRもしくは車で約1時間程度で、気軽に訪れることが可能です!

 

 

おごと温泉 びわ湖花街道

 「びわ湖花街道」は高台にあり、どのお部屋からでも琵琶湖を一望できます!

館内は清潔かつ落ち着いた雰囲気で、個室料亭もあり、ゆっくりと時を過ごすことが出来るお宿だと思います。

 

お部屋は5階の「プレミアムフロア」と4階以下の「一般客室」があり、プレミアムフロアは温泉露天風呂付きで、一般客室には和室、洋室、和洋室、露天風呂付和洋室、ユニバーサルツイン等があり、利用人数や目的にあったお部屋を選ぶことが出来ます。

 

また、「びわ湖花街道」は今年(2021年)の6月17日に20周年を迎えます!

 

じゃらんで見る

 

一般客室 露天風呂付和洋室

 今回宿泊したのは、一般客室の露天風呂付和洋室です!

 

↓お部屋の玄関からの写真です。

写真の中央にある木の扉の先は洗面所で、右側のふすまの先はメインの和洋室です。

また、写真には写っていませんが、廊下の左側(メインのお部屋から廊下を挟んで対面側)にはトイレがあります。(トイレは少し狭い印象でした...)

f:id:yumablogs:20210425160645j:plain

 

↓こちらはメインの和洋室のお部屋です!

ツインベッドと畳の和室、広縁が一続きになっています。

f:id:yumablogs:20210425160659j:plain

 

↓別角度からの写真です。

机と椅子がおしゃれですよね♪

f:id:yumablogs:20210425160656j:plain

 

↓カーテンを開けると琵琶湖を一望できます!

f:id:yumablogs:20210425160703j:plain

 

↓こちらは洗面所です。

スペースもあってゆったりした作りでした!

f:id:yumablogs:20210425160705j:plain

 

↓そして洗面所の奥には、シャワールーム、露天風呂があります。

シャワールームといっても、椅子や桶もあるので、座って体を洗うことが出来ます。

f:id:yumablogs:20210425160709j:plain

 

↓そしてこのお部屋の目玉の露天風呂です!

好きなタイミングで、琵琶湖を眺めながらまったりお湯に浸かれます♪

目隠し用のすだれも用意されているので安心ですね。

f:id:yumablogs:20210425160712j:plain

 

まとめ

今回はおごと温泉の「びわ湖花街道」の露天風呂付和洋室を紹介しました。

次に訪れる際はプレミアムフロアにも泊まってみたいです♪

また、今回はお食事の写真をしっかりとれていなかったので、本記事では紹介しませんでしたが、Twitterの方で少し紹介させていただこうと思います。

 

最新の記事投稿情報もTwitterにてお知らせしています!

ゆうま【旅】 (@yumablogs) / Twitter

 

最後までご覧いただき有難うございました。

次回はおごと温泉の「湯元館」を紹介する予定ですので是非ご覧ください。

 

↓一休.comで「びわ湖花街道」を検索

【旅行】戸田家での夕食&朝食(鳥羽温泉郷)「伊勢志摩繚乱」

「戸田家」の夕食

戸田家での夕食はバイキング回転展望レストランでの会席料理お部屋や個室での会席料理などがあります。

 

バイキングは、ライブキッチンになっており目の前で調理して出来立てのお料理の提供や、地魚の解体ショーなども楽しめるようです♪

お子様料理も充実しており、ソフトドリンクも飲み放題なので、お子様連れの方にもおすすめです!

一休.comでみる↑

回転展望レストランでの会席料理は、その名の通り、ライブキッチンを中心にゆっくりと客席が回転するレストランで、鳥羽湾の夕景を楽しみながらお食事をすることが出来るようです!

 

今回私は、個室での会席料理を頂いたので、そちらを紹介していきます!

 

伊勢志摩繚乱 会席

個室で「伊勢志摩繚乱会席」を頂きました。

↓お品書きはこんな感じです。(2020年10月のものです)

f:id:yumablogs:20210425160417j:plain

 

まず、机に前菜やお刺身、焼物、ステーキなどが並べられています!

お刺身には伊勢エビもはいっています♪

f:id:yumablogs:20210425160420j:plain

 

お品書きの下に隠れていたのは前菜です。

f:id:yumablogs:20210425160424j:plain

 

↓こちらは焚合せの「国産伊勢海老具足煮」です。

三重県に来たらやっぱり伊勢海老ですよね!

f:id:yumablogs:20210425160426j:plain

 

↓そしてこちらは、姫鮑のステーキです。

姫鮑は小ぶりですがとても美味しかったです♪

f:id:yumablogs:20210425160428j:plain

 

↓こちらは季節の磯香釜飯です。

ひじきと、秋なのでキノコが入っていました。

f:id:yumablogs:20210425160430j:plain

 

先ほどの釜飯と赤出汁、香の物、デザートです。

デザートは果物でしたね♪

f:id:yumablogs:20210425160439j:plain

 

朝食

続いてこちらは個室での朝食です。

朝食もバイキングと個室での和朝食があります。

f:id:yumablogs:20210425160547j:plain

 

個人的には朝食のバイキングも食べてみたかったのですが、感染症対策として個室での和朝食を選びました。

 

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

 

まとめ

今回は、戸田家での夕食と朝食を紹介しました。

利用しなかったバイキングや展望レストランでのお食事も興味があるので、次ぎに訪れたときは、そちらを選んでみたいと思います。

 

↓戸田家のお部屋については、こちらの記事でまとめているので是非ご覧ください!

yumablogs.hatenablog.jp

 

ぜひ皆様の旅行計画に役立てていただければと思います!  

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

【旅行】戸田家 露天風呂付和洋室で宿泊(鳥羽温泉郷)

伊勢志摩国立公園/鳥羽温泉郷 戸田家

「戸田家」は三重県鳥羽市にあり、大阪からは近鉄特急を利用して約2時間で最寄りの鳥羽駅まで行くことが可能です。また、プレミアムシートや個室を備えた「観光特急しまかぜ」を利用すればワンランク上の旅を楽しむことが出来ます!

 

「戸田家」には南館と嬉春亭の2館あり、総客室数169室もある大きなお宿です!

また、戸田家温泉村が併設されており、男女合わせて13湯ある温泉を楽しむことが出来ます♪

 

南館「魚魚夢」露天風呂付和洋室

今回は南館「魚魚夢」の露天風呂付和洋室に宿泊しました!

このお部屋は和室+ツインベッドルーム+露天風呂+シャワールームのお部屋です。

f:id:yumablogs:20210425160154j:plain

これがメインの和室です。

10畳以上ある広々とした空間です!

f:id:yumablogs:20210425160156j:plain

↑写真の右側の扉の先は洗面台とシャワールームがあり、中央はベッドルーム、左側はトイレと玄関口になります。

f:id:yumablogs:20210425160158j:plain

↑お部屋にはマッサージチェアや空気清浄機が備え付けられています♪

 

f:id:yumablogs:20210425160231j:plain

こちらはツインベッドルームです。

f:id:yumablogs:20210425160316j:plain

ベッドルームにもテレビがありました!

 

f:id:yumablogs:20210425160252j:plain

↑これが洗面所です。

2人同時に洗面所を使えるのは便利ですね!

冷蔵庫やお茶セット、グラスなどもここにあります。

 

f:id:yumablogs:20210425160300j:plain

↑洗面所の左側にシャワールームがあります。

浴槽は露天風呂があるので不要ですね♪

 

f:id:yumablogs:20210425160308j:plain

↑右側からは露天風呂に出ることが可能です。

 

f:id:yumablogs:20210425160412j:plain

↑こちらは玄関入ってすぐのトイレです。

このお部屋には2つトイレがありました!

 

f:id:yumablogs:20210425160245j:plain

これが露天風呂です!

赤色の陶器の浴槽で、温泉ではありませんでしたが、お部屋で好きな時に露天風呂を楽しめます♪

 

f:id:yumablogs:20210425160419j:plain

夜は間接照明が綺麗でした!

 

f:id:yumablogs:20210425160413j:plain

 朝は海を眺めながら最後の露天風呂を満喫しました♪

好きなタイミングで何度でも湯船に浸かれるのが、露天風呂付きのお部屋の良いところですね!

 

楽天トラベルでみる↓


じゃらんで戸田家をみる

一休.comで戸田家をみる

まとめ

今回は「戸田家」の露天風呂付和洋室を写真をメインに紹介しました。

広々とした空間でゆっくりして、露天風呂に浸かったり、マッサージチェアで癒されたりして楽しい時を過ごせました♪

 

↓「戸田家」でのお食事を紹介した記事はこちらから!

yumablogs.hatenablog.jp

 

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

【旅行】今後行ってみたいお宿5選

こんにちは!ゆうまです。

GW前後で以前紹介した城崎温泉の「山よし」に宿泊しようと計画していましたが、外出自粛が呼びかけられていますので、計画はキャンセルし、家でおとなしく今後の旅行先探しでもしておくことにしました。

 

 「山よし」についての紹介記事はこちら↓

yumablogs.hatenablog.jp

 

今後行ってみたいお宿5選

城崎 円山川温泉 銀花

兵庫県豊岡市にある「銀花」は円山川を挟んで城崎温泉の温泉街の対岸にある大人の隠れ宿です。2000坪もある広大な敷地に、2階建てで、わずか18室の客室しかなく、ゆったりとぜいたくな気分が味わえるお宿です。

私は、2階にある展望路風呂付和洋室が気になっています!お部屋から円山川を眺めながら贅沢な時間を過ごしてみたいものですね♪

 

 一休.comで見る↓

佳松苑はなれ櫂(かい)

京都府京丹後市日本海沿岸にある夕日ヶ浦温泉に「佳松苑はなれ櫂」があります。

このお宿は、舟の形を模しており、日本海を眺めながら温泉につかって疲れを癒せます。

オーシャンビューを楽しみながら贅沢な時間を過ごせるこのお宿に一度は行ってみたいなと思っています♪

 一休.comで見る↓

有馬グランドホテル

「有馬グランドホテル」は、兵庫県神戸市北区にある金泉と銀泉の2つの温泉が楽しめることで有名な有馬温泉の中でも最も大きいホテルなのではないでしょうか⁈

和室、洋室、和洋室、露天風呂付などレパートリー豊富な客室があり、夕食の選択肢も非常に豊富で、幅広い層に愛されているホテルだと思います!

数あるお部屋の中でもプライベート感を取り入れた「別墅 結楽」のクラブフロアにある露天風呂付き客室に興味があります♪

お部屋で金泉もしくは銀泉が楽しめます!

 

 一休.comで見る↓

琴平花壇(ことひらかだん)

「琴平花壇」は香川県仲多度郡にあり、参道の長い石段(奥社まで1368段)などで有名な「金比羅宮(こんぴらぐう)」の近くにあります。

大阪方面からは、明石海峡大橋を渡って淡路島を経由するルートと、岡山県を経由して瀬戸大橋を渡るルートがあり、往復でルートを変えて、途中で観光したり、お土産を買ったりすることが出来ます!

お部屋は、一風変わった「数寄屋造り離れ」や、露天風呂付客室、特別室などレパートリーが豊富です。

夕食では、瀬戸内海の海の幸や讃岐のブランド肉などが楽しめるようです♪

 

 一休.comで見る↓

じゃらんで見る↓

城下小宿 糀や(こうじや)

「城下小宿 糀や」は岡山県津山市にあり、津山城の城下町の町家を一棟貸ししており、客室3棟とラウンジ1棟からなるお宿です。

お部屋にはIH、電子レンジ、電気ケトル、簡単な調理器具等があり、お部屋で料理をすることも可能ですが、系列ホテルの「ザ・シロヤマテラス津山別邸」にてご当地牛のステーキをメインにした懐石コースを楽しむことが出来ます。

また、朝食では徒歩1、2分のところにあるお店で和朝食、洋朝食、もしくはルームサービスでサンドイッチボックスの3つの中から選ぶことができ、一風変わった朝食体験を楽しむことが出来そうです♪

 

 一休.comで見る↓

じゃらんで見る↓

 

まとめ

今回は私が行ってみたいと思っているお宿の中で、関西から車で行くことが可能な5つのお宿を紹介させていただきました!

もし気になったお宿があれば、ぜひ旅行先の1つとして検討してみてください♪