【旅行】戸田家 露天風呂付和洋室で宿泊(鳥羽温泉郷)

伊勢志摩国立公園/鳥羽温泉郷 戸田家

「戸田家」は三重県鳥羽市にあり、大阪からは近鉄特急を利用して約2時間で最寄りの鳥羽駅まで行くことが可能です。また、プレミアムシートや個室を備えた「観光特急しまかぜ」を利用すればワンランク上の旅を楽しむことが出来ます!

 

「戸田家」には南館と嬉春亭の2館あり、総客室数169室もある大きなお宿です!

また、戸田家温泉村が併設されており、男女合わせて13湯ある温泉を楽しむことが出来ます♪

 

南館「魚魚夢」露天風呂付和洋室

今回は南館「魚魚夢」の露天風呂付和洋室に宿泊しました!

このお部屋は和室+ツインベッドルーム+露天風呂+シャワールームのお部屋です。

f:id:yumablogs:20210425160154j:plain

これがメインの和室です。

10畳以上ある広々とした空間です!

f:id:yumablogs:20210425160156j:plain

↑写真の右側の扉の先は洗面台とシャワールームがあり、中央はベッドルーム、左側はトイレと玄関口になります。

f:id:yumablogs:20210425160158j:plain

↑お部屋にはマッサージチェアや空気清浄機が備え付けられています♪

 

f:id:yumablogs:20210425160231j:plain

こちらはツインベッドルームです。

f:id:yumablogs:20210425160316j:plain

ベッドルームにもテレビがありました!

 

f:id:yumablogs:20210425160252j:plain

↑これが洗面所です。

2人同時に洗面所を使えるのは便利ですね!

冷蔵庫やお茶セット、グラスなどもここにあります。

 

f:id:yumablogs:20210425160300j:plain

↑洗面所の左側にシャワールームがあります。

浴槽は露天風呂があるので不要ですね♪

 

f:id:yumablogs:20210425160308j:plain

↑右側からは露天風呂に出ることが可能です。

 

f:id:yumablogs:20210425160412j:plain

↑こちらは玄関入ってすぐのトイレです。

このお部屋には2つトイレがありました!

 

f:id:yumablogs:20210425160245j:plain

これが露天風呂です!

赤色の陶器の浴槽で、温泉ではありませんでしたが、お部屋で好きな時に露天風呂を楽しめます♪

 

f:id:yumablogs:20210425160419j:plain

夜は間接照明が綺麗でした!

 

f:id:yumablogs:20210425160413j:plain

 朝は海を眺めながら最後の露天風呂を満喫しました♪

好きなタイミングで何度でも湯船に浸かれるのが、露天風呂付きのお部屋の良いところですね!

 

楽天トラベルでみる↓


じゃらんで戸田家をみる

一休.comで戸田家をみる

まとめ

今回は「戸田家」の露天風呂付和洋室を写真をメインに紹介しました。

広々とした空間でゆっくりして、露天風呂に浸かったり、マッサージチェアで癒されたりして楽しい時を過ごせました♪

 

次記事では、「戸田家」での夕食を紹介したいと思っています!

 

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

【旅行】今後行ってみたいお宿5選

こんにちは!ゆうまです。

GW前後で以前紹介した城崎温泉の「山よし」に宿泊しようと計画していましたが、外出自粛が呼びかけられていますので、計画はキャンセルし、家でおとなしく今後の旅行先探しでもしておくことにしました。

 

 「山よし」についての紹介記事はこちら↓

yumablogs.hatenablog.jp

 

今後行ってみたいお宿5選

城崎 円山川温泉 銀花

兵庫県豊岡市にある「銀花」は円山川を挟んで城崎温泉の温泉街の対岸にある大人の隠れ宿です。2000坪もある広大な敷地に、2階建てで、わずか18室の客室しかなく、ゆったりとぜいたくな気分が味わえるお宿です。

私は、2階にある展望路風呂付和洋室が気になっています!お部屋から円山川を眺めながら贅沢な時間を過ごしてみたいものですね♪

 

 一休.comで見る↓

佳松苑はなれ櫂(かい)

京都府京丹後市日本海沿岸にある夕日ヶ浦温泉に「佳松苑はなれ櫂」があります。

このお宿は、舟の形を模しており、日本海を眺めながら温泉につかって疲れを癒せます。

オーシャンビューを楽しみながら贅沢な時間を過ごせるこのお宿に一度は行ってみたいなと思っています♪

 一休.comで見る↓

有馬グランドホテル

「有馬グランドホテル」は、兵庫県神戸市北区にある金泉と銀泉の2つの温泉が楽しめることで有名な有馬温泉の中でも最も大きいホテルなのではないでしょうか⁈

和室、洋室、和洋室、露天風呂付などレパートリー豊富な客室があり、夕食の選択肢も非常に豊富で、幅広い層に愛されているホテルだと思います!

数あるお部屋の中でもプライベート感を取り入れた「別墅 結楽」のクラブフロアにある露天風呂付き客室に興味があります♪

お部屋で金泉もしくは銀泉が楽しめます!

 

 一休.comで見る↓

琴平花壇(ことひらかだん)

「琴平花壇」は香川県仲多度郡にあり、参道の長い石段(奥社まで1368段)などで有名な「金比羅宮(こんぴらぐう)」の近くにあります。

大阪方面からは、明石海峡大橋を渡って淡路島を経由するルートと、岡山県を経由して瀬戸大橋を渡るルートがあり、往復でルートを変えて、途中で観光したり、お土産を買ったりすることが出来ます!

お部屋は、一風変わった「数寄屋造り離れ」や、露天風呂付客室、特別室などレパートリーが豊富です。

夕食では、瀬戸内海の海の幸や讃岐のブランド肉などが楽しめるようです♪

 

 一休.comで見る↓

じゃらんで見る↓

城下小宿 糀や(こうじや)

「城下小宿 糀や」は岡山県津山市にあり、津山城の城下町の町家を一棟貸ししており、客室3棟とラウンジ1棟からなるお宿です。

お部屋にはIH、電子レンジ、電気ケトル、簡単な調理器具等があり、お部屋で料理をすることも可能ですが、系列ホテルの「ザ・シロヤマテラス津山別邸」にてご当地牛のステーキをメインにした懐石コースを楽しむことが出来ます。

また、朝食では徒歩1、2分のところにあるお店で和朝食、洋朝食、もしくはルームサービスでサンドイッチボックスの3つの中から選ぶことができ、一風変わった朝食体験を楽しむことが出来そうです♪

 

 一休.comで見る↓

じゃらんで見る↓

 

まとめ

今回は私が行ってみたいと思っているお宿の中で、関西から車で行くことが可能な5つのお宿を紹介させていただきました!

もし気になったお宿があれば、ぜひ旅行先の1つとして検討してみてください♪

 

 

【旅行】今後紹介予定の旅館・ホテル

はじめに

こんにちは!ゆうまです。

近頃の社会情勢では、なかなか旅行に行き難い状況が続いていますね...

私も、行きたい旅館やホテルは山ほどありますが、なかなか行けず、ブログでも紹介することができないのがとても残念です。

 

さて今回は、昨年私が訪れたお宿の中で、今後このブログで紹介予定の4つのお宿を軽く紹介させていただきます!

自由に旅行に行けるようになったときに、皆さんのお宿選びの情報の一つに加えていただければ嬉しいです♪

 

今後紹介予定の旅館・ホテル

おごと温泉 

おごと温泉滋賀県大津市にある温泉街で、琵琶湖の南西側にあります。

【湯元館】

湯元館には4つの館があり、最高10階まであり、たくさんのタイプのお部屋が存在し、リーズナブルなプランから高級なプランまで幅広く取り扱っているお宿です。 おごと温泉の中で最もメジャーな旅館なのではないかと思います。

夕食では、三大和牛の1つの「近江牛」や、バームクーヘンを食べて育った滋賀のブランド豚である「バームクーヘン豚(藏尾ポーク)」などが楽しめます♪

 

 一休.comで見る↓

 楽天トラベルでみる↓


 

 

びわこ花街道】

 びわ湖花街道は、5階建てで湯元館に比べると少しこじんまりとしていますが、落ち着いた雰囲気で個室料亭もあり、ゆっくりと時を過ごすことが出来るお宿だと思います。また、スタッフの方もとても好印象でした。

ご年配の方や、静かにゆっくりお宿を満喫したいという方におススメです♪

 

 一休.comで見る↓

 楽天トラベルで見る↓


 

 

鳥羽温泉郷 

鳥羽温泉郷三重県鳥羽市の海辺にある9つの湯処のことを指します。

【戸田家】

 戸田家は鳥羽駅の目の前にあり、南館と嬉春亭の2館あり、総客室数169室もある大きなお宿です。また、戸田家温泉村があり男女合わせて13湯あり温泉を思う存分楽しめます。

夕食はバイキング、回転展望レストランでの会席料理、お部屋や個室でのお料理などのプランがあります!

 

 一休.comで見る↓

楽天トラベルで見る↓


 

 

洲本温泉 

洲本温泉は淡路島の洲本市の、大阪湾側の海辺にあり、大阪からは明石海峡大橋を使って比較的簡単に訪れることが出来ます。

ホテルニューアワジ

ホテルニューアワジは関西の方であればCMでよくご存じかもしれませんが、くにうみの湯や棚田の湯などが有名で、洲本温泉の源泉と自家源泉の2つを楽しむことが出来ます。また、お部屋は、全室専有露天風呂付の「ヴィラ楽園」と通常客室の「夢大地」があります。

夕食は、淡路牛や季節の海の幸を楽しむことが出来ます!

 

 一休.comで見る↓

楽天トラベルで見る↓


 

 

最後に

以上の4つのお宿を紹介予定ですので、ぜひご覧になっていただき、旅行計画の参考にしていただけると嬉しいです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ゆうま【旅】さん (@yumablogs) / Twitter

【旅行】城崎温泉 湯宿 山よし へ

城崎温泉 山よし

山よしは、城崎温泉にある1日5組限定の大人の隠れ家宿であり、「城崎湯宿山よし」や「旨し隠れ家 湯宿 山よし」などと表記されています。

小さなお宿ですが、和モダンテイストの綺麗なお部屋で静かにゆっくりと時を過ごすことができます。

 

お部屋は、1階に2室、2階に3室あり、1階には宿泊者が利用できる貸切風呂が2種類あります(予約なしで空いていれば使えます)。

また、宿泊者は無料で外湯めぐりが可能です!

 

お部屋紹介

f:id:yumablogs:20210405133954j:plain

今回のお部屋は2階の一番奥にある「桜美」というお部屋でした。

 

f:id:yumablogs:20210405133950j:plain

入るとまず綺麗なお花が飾ってありました!

写真右奥がお部屋で、その左側にある扉を開けると洗面所とトイレがあります。

 

f:id:yumablogs:20210405133959j:plain

洗面所も広くておしゃれでした♪(間接照明きれい!)

 

f:id:yumablogs:20210405133953j:plain

ここがメインのお部屋です。入った瞬間思わず「おお~!!」と声が出てしまいました。

和モダンでとても写真映えするお部屋でした!

 

f:id:yumablogs:20210405134000j:plain

窓からは柳通りの方へ続く川が見え、水の音が聞こえてきます。

 

お部屋紹介はこのあたりにして、続いてはお食事を紹介します!

 

夕食(夏メニュー)

夕食は、「前菜、船盛、カニノドグロの塩焼き、但馬牛のステーキ、イカそうめん、但馬牛握り、お吸い物、デザート」といった感じでした♪

f:id:yumablogs:20210405134006j:plain

豪華な船盛でどれも美味しかったです。(写真は4人分)

 

f:id:yumablogs:20210405134002j:plain

城崎といえばカニ

夏でもカニが出てきました。

 

f:id:yumablogs:20210405134011j:plain

但馬牛の牛にぎりです!

とても良い色で柔らかくて美味しかったです。(また食べたい!)

 

かなりボリュームがあったので、お昼はもう少し控えめにした方がよかったかなと思いました...

 

 

夕食を食べた後は、外湯めぐりを楽しみ、お部屋でゆっくりしてから眠りにつきました。

 

 

朝食

f:id:yumablogs:20210405134013j:plain

朝食もまた豪華です!

小鉢のお料理も一つ一つがおいしくて、朝からとても満たされた気持ちになりました。

(写真には写っていませんが湯豆腐もありました。)

 

 

朝食を食べ終えて支度をし、名残惜しいですがチェックアウトの時間です。

また、湯宿 山よし に訪れたいなと思いました。

次回は冬のカニの季節に来るのも良いかもしれませんね♪

 

 楽天トラベルで山よしを見る↓


 

 

 じゃらんで山よしを見る(画像をクリック)↓

 

「湯宿 山よし」の予約は、公式ホームページ楽天トラベルじゃらんのいずれかからになります。

 

【旅行】城崎温泉 かがり火の宿 大西屋水翔苑(すいしょうえん)へ

城崎温泉とは

城崎温泉は、兵庫県豊岡市城崎町にある1300年もの歴史を持つ由緒ある温泉地で、7つの外湯(一の湯、御所の湯、まんだらの湯、地蔵湯、鴻の湯、柳湯、さとの湯)があり外湯めぐりで有名です。

また、大阪からはJRの特急こうのとりを利用することで城崎温泉駅まで2時間40分程度で移動することが出来ます。

 

かがり火の宿 大西屋水翔苑(すいしょうえん)

f:id:yumablogs:20210404233315j:plain

 

城崎温泉駅から北方面に15分程度歩いた、温泉街の中心エリアから少し離れたところに「かがり火の宿 大西屋水翔苑」はあります。(バスの送迎もあります) 

客室数は34室で2階建ての少しこじんまりとしたお宿で、チェックインは14時から、チェックアウトは10時までです。

 

館内は全館畳敷きなので、まず玄関で靴を脱ぎ、館内施設の案内を受けながら、お部屋まで連れて行ってもらいました。

 

f:id:yumablogs:20210404233408j:plain

階段を上がり、畳の心地よい足触りを感じながら廊下を歩き、今回予約した2階の10畳の和室のお部屋に到着しました!

お部屋に入ると右側におしゃれな照明がありました。

 

f:id:yumablogs:20210404233423j:plain

左側の、暖簾の先には洗面台とトイレ、バスルームがあります。(このお部屋のトイレ、バスルームは別々)

右側は冷蔵庫やお茶セットがありました。

 

f:id:yumablogs:20210404233439j:plain

ここが10畳の和室です!

広々としていてとても気持ちの良い空間でした♪

 

f:id:yumablogs:20210404233453j:plain

お部屋の奥の障子を開けると中庭が見えます。

夜はライトアップされるので、お酒を片手に中庭を眺めるのが、とても気分がよかったです。

 

館内の温泉は客室が少ない分やや小さめですが、宿泊者は全員無料で外湯めぐりが出来るので、温泉を思う存分満喫できます!

 


 

まとめ

温泉街の中心エリアからは離れていますが、だからこそ静かな場所で中庭を眺めながらゆっくりと時間を過ごすことが出来ました。

また、外湯めぐりが出来るので、温泉を目的にしている方も思う存分温泉を楽しみ、癒されることができるのではないかなと思います。

 

一休.comで大西屋水翔苑を見る(画像をクリック)↓

 

JTBで大西屋水翔苑を検索する↓

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

【初投稿】はじめまして!プチ自己紹介&今後の方針

はじめまして!「ゆうま」です。

関西在住の20代で、趣味は旅行です。

 

ブログは一度も書いたことがなく、今回が初挑戦になります...!!

お見苦しいと思いますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです♪

 

ブログを始めた理由…

宿泊するホテルや旅館を選ぶ際、またお部屋を選ぶ際に、失敗したくないので、ホテル等の公式のホームページだけでなく、予約サイト、ブログ、SNSYouTubeなど何時間もかけて写真や情報を集めています(汗)

それでも見つからなくて、

「メインルームがどんな感じか分かったけど、洗面台は?トイレは広いの?」

など疑問が残ってしまうことがよくあります。

 

そこまで気にしなくても...と思われる方もいると思いますが、

「イメージしてたより部屋が小さかった

「メインルームは良いけどトイレが狭い

「思ってたより設備が古い

なんてことになってしまうと、せっかくの楽しい旅行なのに少し悲しい気持ちになってしまいます。

 

そこで、私が実際に訪れたホテルや旅館の写真、情報をブログで共有し、少しでも情報を増やし、皆さんの宿泊地選びや旅行計画のお役に立てればと思っています!

 

とは言っても...

毎月旅行に行けるわけではないので、それだけだと、ブログの更新が年に数回程度になってしまうと思います...

ですので、旅行をより楽しくする様なおすすめ商品やサービス、などなど、色々発信していきたいと思っています♪

 

これからどうぞよろしくお願いします!

 

Twitter

twitter.com